1. トップページ
  2. 商品カテゴリ
  3. 書籍&DVD
  4. DVD&CD
  5. 講演DVD ARE  「エドガー・ケイシー驚異の生涯」



割引対象外

講演DVD ARE  「エドガー・ケイシー驚異の生涯」

*ショッピングカード画面では一旦定価送料表示となりますが、ご配送前に価格調整してお届けします。
*代金引換以外のお支払の方は日時指定不可のポスト投函便でお届け。
*代金引換お支払希望の方は、送料に別途お手数料324円が加算されます。

「この少女は21世紀に向けて、神から与えられた贈り物である
、突如、リーディングの最中にあらわれた大天使ミカエルは言った。
この少女は何者か?彼女はどのような人生を送ったのか?
その他、ケイシー幼少期のエピソード、ユーモア溢れるリーディング、ユニークな白髪防止法、リーディングを依頼した人たちのエピソードなど。

講師:シドニー・カークパトリック
170分、逐次通訳つき

注意:DVD-R対応のプレーヤーのみで視聴可能です。ご注文の前にご確認下さい。

価格(税込)¥3,480

数量



作家である講師の、綿密な取材によって現れたケイシーの人物像とは?
ケイシー幼少期のエピソード、ケイシーのユーモア溢れるリーディングの言葉、ケイシーのユニークな白髪防止法、ケイシーにリーディングを依頼した人たちのエピソードなど。
また、ある日、リーディングの最中に突如あらわれた大天使ミカエル。「汝ら頭をたれよ。この少女は21世紀に向けて、神から与えられた贈り物である」・・・
この特別な少女のその後の人生とは?

【講師プロフィール】
エドガー・ケイシーの驚異の生涯を、その魅力的な追跡調査と考察によって明かにした「アメリカの予言者」(未邦訳)の著者。その著作は多くの人から驚嘆をもって迎えられている。
これまでのどの伝記からも知ることのできないケイシーの神秘に満ちた生涯と、その業績の未来に及ぼす影響について、この人ほど明快かつ豊かに語れる人はいない。

2005年春、日本エドガー・ケイシーセンターで主催したAREツアー(米国、バージニア・ビーチ)における講演緑。
制作:日本エドガー・ケイシーセンター


【ご注意】
●代引きをご希望で、小計5000円以下の場合には、別途代引き手数料315円が加算されます。
●書籍、DVDのみのご注文は、日時指定をお受けできません。日時指定をご希望の場合には、宅配便扱いとなり、通常の送料計算となります。ご理解のほどよろしくお願いします。

関連商品

割引対象外

¥1,500(税込)

エドガー・ケイシーに直接交流があった人や研究家など、14名の識者が、ケイシーの思い出や人となり、ケイシーリーディングの神髄を語る。日本語字幕付。

割引対象外

¥3,780(税込)

エドガー・ケイシーの生涯とは?どのようなリーディングを遺したのか?いま何故ケイシーなのか?今に生きるリーディングの神髄をECCJ会長である光田秀氏が語る。

割引対象外 まとめ買い

¥21,600(税込)

 日本エドガー・ケイシーセンター会長で、ケイシー研究第一人者である光田秀氏が語るエドガー・ケイシーの神髄。DVDシリーズ1~6までの6巻、定価総額24,840円が21,600円に。お得な6巻セット。

割引対象外

¥3,024(税込)

エドガー自身が自らを語った、もっとも真実を伝える自伝。人生に、恋に悩んだケイシー。彼は何を思い、何を見てきたのか。

お客様の声

※お客様の体験談は個人の感想であり、商品の効能効果を保証するものではありません
※薬事法や景品表示法に抵触する恐れのある表現は、一部修正させて頂いております

匿名希望 様

東京都

40代

男性

先日、何気なくユーチューブで「エドガー・ケイシーの驚異の生涯」という動画の一部を拝見し、それでとても興味を持った。早速、そのDVDを注文したところ、その到着も早かった。ありがたいと思った。画像も音声もすごくきれいだった。
その時の講師、カークパトリックさんの「声」や「話し方」を見聞きし、彼は正に、最後の最後まで本音で語っているという印象を受けた。途中、彼が声を詰まらる箇所もあったが、私も、思わず彼に引きずられてしまった。
彼は伝記作家であり、映画監督でもあるので、調査の仕方とか、人間関係の築き方とか、或いは、解釈や分析の仕方とかも、静かなる熱意を感じ、さすがだなぁ~・・・と思った。すごくよかった。このDVDはおよそ3時間の内容だが、続けて1度で観てしまった。
彼の本、「エドガー・ケイシー:アメリカの予言者」というタイトルの、分厚い本があるそうだが、その翻訳本はないそうだ。今回購入したDVDを拝見して、是非彼のその本を読んでみたいと思った。日本エドガー・ケイシーセンターの会長、光田秀さん、翻訳してくれないかなぁ~・・・と切に思った。

2013/02/28



ページトップへ戻る