1. トップページ
  2. 新着情報

新着情報


一覧へ戻る

2018.07.06 【終了いたしました】日本人の神髄を肌で感じる5.5時間 講師:赤塚高仁さん、三枝龍生先生、鬼塚禮兆さん 8月18日(土)

日本の政治の中枢永田町にて
赤塚高仁さん、三枝龍生先生、鬼塚禮兆さん3名をお招きし
日本人の心、精神性、魂についてお話いただきます。
題して「日本人の神髄を肌で感じる5.5時間」。

午前:赤塚高仁さん、三枝龍生先生

赤塚さん、本業は津の建設会社の社長さんですが、
週末を利用して、全国各地で聖書の話、ヤマトごころの話をされています。

赤塚さんが毎日発信しているブログ
赤塚さんが登場するDVD/CD
・DVD『イエスを人生に招き入れる』
・CD『神との邂逅』

三枝先生は合気道の指導者で野口整体の整体師であり、
50年近く日本の超古代文字カタカムナを研究している第一人者の方。
日本人の言葉と精神のなかで脈々と受け継いできたカタカムナスピリット。
そのエッセンスを受け取ってお帰りいただければと思います。
時間が許せば日本人の身体性についてもお話いただく予定です。

三枝先生
カタカムナ
カタカムナ文明とは?

午後:鬼塚禮兆さん

鬼塚さんは若い頃から古神道を求め、大分県の霊山で神官修行をされました。
そこの宮司さんから還暦過ぎたら使うようにと頂いた禮兆というお名前。
鬼塚さんが各神社であげて下さる祝詞がそれはそれはパワフルで素晴らしい。
48歳のとき、ある奇縁で三上照夫先生が主宰する松柏会に入会。
今日まで三上照夫先生の一門人として精進されています。
(三上照夫先生は戦後禅僧として厳しい修行をされ、若くして大悟。
霊界と自由に行き来できる神通力を体得された方で、
膨大に神仙界や霊界のことを資料にして残されているそう。
『天皇の国師』
)

その松柏古神道で学んだ魂の話(四魂とは何か? 霊界のこと、あの世の話)、
師匠、三上照夫氏が神界から教わった祝詞の話、神社の作法などをお話しいただく予定です。


この3人がそろって登壇する、という日は二度とないかもしれません。
特に、これからの日本を築いていく10代、20代、30代のご参加をお待ちしております!


日 時:2018年8月18日(土) (開場9:30)
    (通し参加)10:00-16:30 (開場9:30) 
    (午前のみ)10:00-13:00 (開場9:30) 
    (午後のみ)14:00-16:30 (開場13:30) 

会 場:剛堂会館(明治薬科大学) 1階 会議室(入口から直進突き当りです)
    東京メトロ 有楽町線 麹町駅 徒歩4分    
講 師:赤塚高仁さん、三枝龍生さん、鬼塚禮兆さん
定 員:各90名
参加費:【通し参加】7,200円(税込)
    【午前のみ参加】4,200円(税込)
    【午後のみ参加】3,800円(税込)


 


ページトップへ戻る