1. トップページ
  2. 商品カテゴリ
  3. ●ディディミ(蒸留水器) 不純物の無い水づくりに

didimi[家庭用蒸留水器 ディディミ]

不純物の無い水づくりに ~限りなく純粋で透き通る水~

水道水に満足していますか?
・なんだか臭いがする・・・
・味が美味しくない・・・
・カルキや塩素などが心配・・・

水道水をそのまま料理や飲用水に使うのは心配・・・
そうお思いの方へ、まずは3週間、この特別な水を試してみましょう。



●ディディミ(蒸留水器) 不純物の無い水づくりに

 ☆販売を終了いたしました。

価格(税込)¥92,340



この商品は現在購入できません。

身体の水分は、3週間で入れ替わると言われています。新しいカラダの巡りを体感してみましょう。

蒸留水は、徹底的に不純物を取り除くから、カラダにやさしい。
水を変えることは、健康、浄化への第一歩。

「蒸留水」はお水の中に含まれるミネラルを除去してしまうから、ミネラル不足になるのでは・・・?とよく言われます。確かにわざわざ「ミネラルウオーター」を買っている人にとっては、(有害ミネラルは別にして)ミネラルの無いお水をわざわざ飲むなんて・・・と思ってしまいます。
では、果たして、人の身体は、ミネラルウオーターのミネラルを必要としているのでしょうか?
どうやら、答えはNO!らしいです。
水に含まれる鉱物系のミネラルは「無機ミネラル」といって身体に吸収されにくいタイプのもの。過剰に摂取され、排泄できずに蓄積した無機ミネラルは結石や関節痛をつくる元となってしまうとか。反対に蒸留水(野菜や果物に含まれる水分も)は、無機ミネラルも含め、体内にたまったいらないものを洗い流してくれるお掃除ウオーター。
ミネラルを摂りたいなら、野菜や果物や無精製の穀物をしっかり食べること。野菜や果物のような食品の方が、はるかに多くの、良質のミネラルを含んでいます。

何故浄化水ではなく、蒸留水なのか?

●蒸留水は、99.9%の不純物が取り除かれ、細菌やウイルスは長時間の沸騰により死滅している。
●純粋なH2O水なので、塩素、ダイオキシン、O-157、環境ホルモンのような有害物質を身体に取り込む
心配がない。
●水のクラスター(分子)が細かいので、細胞の隅々まで入り込み身体が潤い易い。
●海水や川の水からも安全で美味しい純粋ができる。
●不純物がなく分子が細かいため、お茶やコーヒーの有効成分が出やすく、味や香りが高くなる。
素材の味を高め、ご飯や料理が美味しくなる。

蒸留水は、素材の味を引き立ててくれます。蒸留水の浸透性のよさで、お米をつけておく時間も短縮でき、しかもふっくら美味しいご飯に。コーヒーやお茶も、そのうまみをより抽出できるので、いつも飲んでいるコーヒーやお茶がさらに美味しくなってきます。

2010年の初秋、テンプルにご来店下さった男性のお客様が、スタッフにこんなことをお話下さいました。
「ディディミのお水。いったいあれは何なんでしょうね~。ディディミのお水を飲み始めてから、人間関係も仕事も人生も、どんどん変わり始めたんですよ~」
その男性曰く、人生が変わり始めたきっかけで、思い当たるのは、蒸留水を飲み始めたことしか考えられないそう・・・。

変えようと思ってないのに、何かのスイッチが入ったかのように、次々と自分を取り巻く環境が変わり始めた。
不思議ですね~。

ご購入の方に、もれなくプレゼント。

ディディミをご購入の方には、
ブラウン・ランドーン博士の「蒸留水と体内浄化」の小冊子(定価945円)をもれなくプレゼント。

ブラウン・ランドーン博士(1847-1945)
完全に健康体を保ったまま、1945年に98歳で他界。亡くなる直前まで、毎日の活動時間は20~22時間。目も耳も決して老化することなく、外見もまるで50代にしか見えなかったと言われています。そのランドーン博士が実践していたのが、蒸留水を飲む、ということでした。

わたしたちがいつも飲んでるお水の中身を観てみましょう!

テンプルビューティフルで使っているディディミで、水道水と超硬水・軟水のミネラルウォーターを蒸留して、残留物の様子を観察!


水道水

ミネラルが白く固まり、塩素や水道管・マンションの貯水タンクのサビなどの残留物が、
薄茶色のヘドロ状になり、異臭がします。

※テンプルが入居しているビルは建築後日が浅く、ビル内の水道管や貯水タンクは使用3年程(2013年現在)なので、水道水はかなり良い状態だと思われます。古いビルなど水道の状態によっては、ポット底に残る汚れやニオイは、数回の使用で写真のようになることがあります。

水に含まれる無機ミネラルは、身体に栄養素として吸収しにくいものです。過剰に摂取すると、排出できず、この蒸留水器の蒸留後のように体内に累積します。溜まった石灰などのミネラルは、組織に結石や壁をつくり、細胞の活動を妨げ、エネルギーや神経信号が流れなくなるため、疲労・老化や関節痛や結石、様々な病気の原因になるそうです。

反対に蒸留水は、無機ミネラルも含め、いらない老廃物を溶かしこんで体外へ排出してくれます。蒸留水は、「からだの中の不要物を溶かし洗い流す」に特化したお水です。

人間にとって水本来の最も重要な役割は、体温調整と体内浄化と身体中に栄養・情報を伝え運ぶこと。そのためには、どんなお水を選びますか?

→詳しくはこちら

ディディミの使い方

(1)ポットのタンク内に水やお湯を入れる。
(2)約4~6時間でタンクに蒸留水が溜まってきます。
(3)時々、ポット内部をクエン酸で洗浄します。

※入れる水の温度によって所要時間は変わります。夜間の電気割引時間帯をご利用ください。
※蒸留水は雑菌のエサとなるものが存在しないので、腐りにくいお水です。
ただ、常温保存の場合には数日内で飲みきって下さい。

テンプルビューティフルでもディディミのお水を愛飲しています!

テンプルのスタッフが会社で愛飲しているのは、ディディミのお水。
もう7~8年くらい、1日2回は稼働している働き者です。代表光田も同じくディディミの愛用者。この数年間、光田宅のディディミが壊れたのは、猫がジャンプ台に使って棚から落とした1回のみ。保証期間はとっくに過ぎていたのに、修理代はたった3000円。中身もキレイになって戻ってきて、ディディミのサービスに感動してしまいました。

エドガー・ケイシーは、ハーブを飲むときや、特別なハーブエキスをつくるとき、
よく蒸留水を使うように勧めていました。

「半ガロン(約2リットル)の雨水、または蒸留水に以下のものを加える・・・」259-4
「(サフラワー茶を)飲む水に少量だけ入れる。割合としては、半オンスのサフラワー茶を1クオート(約1リットル)の蒸留水または雨水に入れ、少なくとも20分はそのまま浸出させる(つまり、熱い状態で)。沸騰させるのではなく、浸出するのを待つのである」348-6

ディディミの仕様

水容量 3.7リットル(約6時間で蒸留水に)
サイズ 最大直径26×高さ40cm 3.4kg
電源 AC100V
本体内釜 ステンレス加工
消費電力 電熱器530W(電気代目安:1回約40~60円)
最大温度 157℃(サーモスタット付)
電圧(周波数) AC100V・50/60Hz 530W
出来上量 約3.7リットル
その他 付属品 蒸留水生成期・水タンク・(容量約3.7リットル)、タンク用カートリッジ、活性炭3個・セラミック
電源用コード 約150cm

関連商品

1000円以下の商品

¥864(税込)

「金水」と呼ばれる無菌で湧き出す天然地下水と「銀水」と呼ばれる化石水を丁寧に合わせています。

¥6,480(税込)

北米先住民が4千年もの間、伝承してきた智慧が詰まったハーブリキッド。ハーブの相乗効果によって、心も身体もリフレッシュ。原料はオーガニック認証、無農薬・無肥料栽培のものを使用。

¥8,100(税込)

4千年以上にわたり北米先住民に伝承されたハーブエキスのドライタイプ(ご自宅でつくるタイプ)。

割引対象外 1000円以下の商品

¥378(税込)

ディディミ用の活性炭。蒸留水は純粋ですが、水道水を蒸発させる際や貯水タンクに入る迄に臭い物質を含む場合があるので、活性炭使用がおススメ。

お客様の声

※お客様の体験談は個人の感想であり、商品の効能効果を保証するものではありません
※薬事法や景品表示法に抵触する恐れのある表現は、一部修正させて頂いております

kuripon 様

東京都

40代

女性

他の水と飲み比べてみると、ディディミの水の美味しさがよく分かります。
私は、一度ポット型浄水器に通した水道水をディディミに入れています。ディディミのポット内部の汚れや臭いが減るので、掃除の回数が少なくて済みますよ。

2013/08/31

れんげ 様

愛知県

40代

女性

ずいぶん迷っての購入でしたが、もっと早く買えばよかったなと
思っています。くせのない飲みやすいお水ですね。
今までは冷蔵庫に沸かしたお湯で作った麦茶を冷まして
いれていましたが、今はディディミでできたお水をいれています。
なんとなく体への吸収がよい気がするのと、
お通じがよくなった気がしています。

2012/10/22

あり 様

福岡県

40代

男性

いつもお世話になります。インピーダンス装置と共にディディミを愛用しています。購入前はペットボトルの水を飲んでいましたが、比較してみると飲んだあとにゴミとしてかさばらないのと、口当たりも良く不思議なくらいお腹にもたれないということ、それと本当に浄化が進んでいるように感じるのが良い点だと思います。今後も楽しみながら継続していきます。

2012/03/10



ページトップへ戻る