FAQ一覧

ひまし油湿布
フランネルは毎回取り替えますか?
1度お作りいただいた湿布(ひまし油を浸したフランネル)は、夏場は3週間(湿布9~12回分※)、冬場は2~3ヵ月使用可能です。洗う必要もございません。
※1日1時間~1時間半を週に3~4回行った場合

ただし、湿布の色が変わった、不快臭がある、オイルが痛んだ感じがする時には、すぐに新しいフランネルを使って、新しい湿布を作って下さい。
湿布を作るとき、ひまし油はどのくらい使いますか?
新しいフランネルに、最初は200~250mlほど使います。
後は、湿布は乾いたと感じたときだけ、ひまし油を適量垂らして下さい。
フランネルを替えない限り、500mlのボトルで2ヵ月は湿布可能です。
吹き出物が出ました
一時的に出ることがございます。水分をしっかりとり、ニレ茶やサフラワー茶で胃腸を整えたりし、適切な排泄を行うように心掛けて下さい。
また、食事、整骨など、創造的なケイシー療法を実践して下さい。
なかなか時間がとれません
日中や夜間に時間が取れない方は、朝、湿布をすることをお勧めします。
起床予定時間の1時間前に目覚まし時計をセットし、湿布をお腹に巻いて、また寝ます。起きたら重曹水やソリーブソープ(重曹入石けん)でオイルを落とし、1日をスタートして下さい。
時間帯は?
可能な限り、毎回同じ時間帯に行うことをお勧めします。
また、食後2時間程度は開けて下さい。
何時間でもやっていいですか?
基本的には、1日1時間~1時間半行えば十分です。
週に3~4日行い、残りの日数は休み、それを3週連続で行い、1週間は休む、というのが基本的なサイクルです。
ひまし油湿布ヒーターの温度があまり熱くなりません
低温やけど等を防止するため、表面温度は45℃前後となります。
また、高温になるとサーモスタットが働き、一時的に温度が下がりますが故障ではありませんので、安心してご使用下さい。

ページトップへ戻る